絶版車とは

絶版車とは

絶版車とは

絶版車とは、現行のラインナップに入っていないモデルのクルマのことです。
早く言えばメーカーで生産が終了してしまった車で、もう作られていません。
「カタログ落ち」あるいは「生産中止車」など、さまざまな言い方がされますが、通常、メーカーで生産を終了したときに「絶版車」となります。

 

もし、絶版車となった車がどうしても欲しければ中古車を探すことになりますが、古い年式のクルマは故障や事故のために部品が必要になったときに部品を手に入れるのに苦労します。
そのようなデメリットがある他、例え絶版車と言えども人気のある車種はけっこう高額になるものです。
手に入りにくい人気のあるクルマは、絶版車だからこそ高額になるともいえます。

 

古いクルマに興味を持つ人はかなり多く、生産されていない絶版車を含め「旧車(きゅうしゃ)」と呼んだり「クラシックカー」あるいは「ヒストリックカー」と呼んでいます。
骨董品もそうですが、「え〜!こんなのがこんなに高いの?」と驚かされるものがありますが、クルマも資産向けのクルマの販売会社もあり、絶版車とか、プレミアのついた高額なクラシックカーなどが商売として取引されています。

 

絶版車で素晴らしいクルマといえば多くの人がフェラーリをあげます。
フェラーリは素晴らしいクルマと未だに言われる反面、フェラーリの初期型はまっすぐ走らないとか、欠陥車だとも言われています。
まっすぐ走らないという怖いクルマがほんとうにあるのでしょうか?
ただ、電気系統のトラブルは多いようです。
フェラーリは色々言われながらも不動の人気のある不思議なクルマです。

 

 

>>絶版車の買取ならこちら!


絶版車とは関連ページ

持っている絶版車を売るには
もし自分の所有している絶版車を売りたいと思ったら、どうすれば良いのでしょうか。
絶版車の評価と買取店の思惑
絶版車の買取は普通の中古車査定ではなく、絶版車専門の業者に頼んだほうが良いでしょう。
絶版車を高価買取ができる理由
絶版車を高値で買い取ってもらえるのは、販売ルートが確立しているからなんです。